首の痛み~不良姿勢が原因 part2~ | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

スタッフブログ

首の痛み~不良姿勢が原因 part2~

 

皆様こんにちは‼


くるめ接骨院・整体院・鍼灸院


西鉄久留米院の木下です(^^)


 

 

本日も多くの方々にご来院頂き、ありがとうございます☺☺

本日もスポーツ外傷を得意とする木下の楽しいブログの時間がやって参りました(^_-)-☆

少しの間、お付き合い宜しくお願いします☺☺

 

前回のブログ(11/20)にて首の痛みの原因について簡単に書かさせて頂きました。

本日のそのpart2‼‼

【首の痛み~不良姿勢が原因 part2~】です‼‼

前回のブログでも説明しましたが、首の痛みの原因にはさまざま要素が考えられます💦💦

その原因の一つに【不良姿勢】があるのです(-_-;)

そこで前回のブログ(11/20)では、不良姿勢の一つである《なで肩》について説明させて頂きました‼‼

 

そこで本日は【不良姿勢】の一つでもある

《いかり肩》について簡単に説明させて頂きます‼‼



 

皆様、街なかで《いかり肩》の方を見た事ないですか??

普段から目撃する事が多いのではないでしょうか??

 

《いかり肩》は、、、

筋肉質な男性に多いと言われています💦💦

 

《いかり肩》姿勢では、正常な姿勢と比べ

①鎖骨挙上(鎖骨の位置が上がります)

②肩甲骨内転(肩甲骨が内側に移動)

③肩甲骨上方回旋

④胸椎伸展(胸の背骨が伸びます)

《いかり肩》では、上記のような変化が生じます。



 

この《いかり肩》では、前回のブログにて紹介した《なで肩》と違い

上肢や肩甲帯が下方に引き下げられる重力に対して、

【僧帽筋上部線維】【肩甲挙筋】【胸鎖乳突筋】過緊張になっている状態と捉える事が出来るのです‼‼



 

このような状態では、下方に引かれる上肢や肩甲帯に対して、

【僧帽筋上部線維】【肩甲挙筋】【胸鎖乳突筋】が頑張って働く事で上肢や肩甲帯が下方に引かれないようにしています(-_-;)

その結果、働き過ぎた上記の3つの筋肉が過緊張となり、硬くなるのです💦💦

硬くなった筋肉が血管を圧迫する事で血液の流れが悪くなる事で

➡『痛み』『だるさ』が生じるのです💦💦



 

 

そのため、治療の第1歩としては、まず過緊張となっている筋肉を緩める事が肝心となるのです‼‼

 

 

その方の姿勢によって【治療方法】が変わる☺☺

そうなんです‼‼

首の痛みの治療にはその方にあったオーダーメイドの治療が必要になるのです‼‼

 

 

何度も言いますが、、、

首の痛みの原因には【不良姿勢】が関係しています(-_-;)

皆様の姿勢は大丈夫でしょうか??

 

 

首の痛みで悩まれている方‼‼

一度【くるめ接骨院】へご相談下さい‼‼

全力で治療させて頂きます☺☺

 

 

 

最後までブログを見て頂き、ありがとうございます☺☺

スポーツ外傷はお任せ!!

西鉄久留米院 木下でした。

次回もお楽しみに☺☺

 

 

 

ページトップへ戻る