野球肘~part3~ | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

スタッフブログ

野球肘~part3~

皆様こんにちは‼


くるめ接骨院・整体院・鍼灸院


西鉄久留米院の木下です(^^)


 

 

本日も多くの方々にご来院頂き、ありがとうございます☺☺

本日もスポーツ外傷を得意とする木下の楽しいブログの時間がやって参りました(^_-)-☆

少しの間、お付き合い宜しくお願いします☺☺

 

 

前々回の木下ブログ(1/8)より【野球肘】について紹介しています‼‼

本日はその3回目‼

【野球肘~part3~】です。

 

前回までのブログにて

『野球肘とは❔』

『野球肘の分類』

『野球肘の症状』

などを簡単ではありますが、紹介させて頂きました!(^^)!

 

 

『野球肘の分類』では、、、

前々回のブログにて最も現場で多い【内側型】

前回のブログにて【外側型】を紹介‼‼

 

そして本日はその『野球肘の分類』

【後方型】について紹介します☺☺

 

 

『野球肘』は、、、↓↓↓

①内側型

②外側型

③後方型

の3つに分類されます。

 

 

《野球肘後方型 発生機序》

内側型と比べると発生頻度が少ない。

投球動作のフォロースルー期のボールをリリースした後に生じやすい。



フォロースルー期のボールリリース後、肘関節は過伸展となります。

ボールをリリースした後、肘関節は過剰に伸ばされます💦💦

その際、肘頭と上腕骨肘頭窩の間でインピンジメント(衝突、突き当たる)が発生する事で肘関節の後方部分に疼痛が出現する状態。



そのような病態を『野球肘 後方型』‼‼と言います‼

 

 

《野球肘 後方型 症状》

肘頭と上腕骨肘頭窩の間でインピンジメントが発生する事で、、、↓↓↓



初期では、投球動作でのボールリリース後の肘関節後方部の痛み。

しかし、その状態でしっかりと治療せず、投球動作を繰り返し行う事で症状は徐々に悪化。

症状が悪化した結果↓↓↓

成長期では、【肘頭部骨端軟骨の成長障害】

成人では、①【肘頭の疲労骨折】②【上腕三頭筋の炎症】などが出現してきます(-_-;)

 

野球肘では、①内側型、②外側型、③後方型 共に投球動作時に肘関節に痛みが出た場合、無理に投球動作を続けない事が大切となります💦💦

内側型:肘関節の内側

外側型:肘関節の外側

後方型:肘関節の後ろ

上記の場所にそれぞれ痛みが出現します💦💦



痛みが出た場合、早期の対応が肝心です(-_-;)

 

 

 

何度も言いますが、、、

野球肘は肘関節だけが原因で症状が出現する事は少ないです💦💦

肩関節の柔軟性低下、肩関節の筋力低下や股関節の柔軟性低下などなど。

投球フォームが崩れる事で肘関節へのストレスは増強‼‼

肘関節が痛いから肘関節の治療のみ行う‼ではありません✖✖

全身を細かく評価、全身をアプローチしていくことが大切となるのです◎◎

 

 

 

野球肘、野球肩で現在悩んでいるという方‼‼

一度【くるめ接骨院】へお越し下さい‼

全力で治療させて頂きます(^^)/

 

 

 

最後までブログを見て頂き、ありがとうございます☺☺

スポーツ外傷はお任せ!!

西鉄久留米院 木下でした。

次回もお楽しみに☺☺

ページトップへ戻る