増加中‼‼『産後の骨盤矯正』 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@ LINE@

スタッフブログ

増加中‼‼『産後の骨盤矯正』

皆様こんにちは‼


くるめ接骨院・整体院・鍼灸院


西鉄久留米院の木下です(^^)


 

本日も多くの方々にご来院頂き、ありがとうございます☺☺

本日もスポーツ外傷を得意とする木下の楽しいブログの時間がやって参りました(^_-)-☆

少しの間、お付き合い宜しくお願いします☺☺

 

最近当院へご来院される方で多くなっているのが、、、↓↓↓

産後のママさんです‼‼

通われる原因となった症状は様々‼‼

そこで、本日は最近当院へご来院される方で増加している産後の体の不調、痛みなどについて簡単に書こうと思います。

 

本日のテーマ、、、

【増加中‼‼『産後の骨盤矯正』】です☺☺

 

産後に悩まされる症状は様々‼‼

・骨盤周囲の痛み

・腰の痛み

・鼡径部の痛み、違和感

・股関節の痛み

・股関節の力が抜けるような感じ

・横向きで寝れない

・首、肩の痛み

などなど。症状は様々。

 

上記症状の原因は、『産後の骨盤の歪み』が影響している事が多くあります。(骨盤の歪み以外にも原因がある事はあります)

 

 

《なぜ産後に骨盤が歪みやすいのでしょうか❔❔》

骨盤の歪みに大きく関係しているのが、、、

『妊娠時の骨盤の緩み』『分娩時の骨盤の動き』です‼‼

妊娠初期より分娩を容易に行うために、リラキシンという女性ホルモンの分泌が増えます。この女性ホルモンは恥骨結合や仙腸関節部の靭帯結合組織を緩めるように働きます。

骨盤周囲の靭帯が緩む事で分娩は容易に行う事が出来るのです。



しかし、骨盤が緩む事で分娩後、骨盤は動きやすく(捻じれやすく)なっているのです💦💦

また、妊娠中は胎児の成長によりお腹は大きくなります。この状態では、腹部の筋肉(腹横筋)は伸ばされます。また、骨盤の底を支持している骨盤底筋群も分娩時に過剰に伸ばされるようになります。

骨盤を支える、固定するために働く『腹横筋』『骨盤底筋群』が伸ばされる事でその機能は失われます💦💦そのため、支持、固定が出来なくなるのです💦💦



骨盤を固定する靭帯、筋肉は ➡ 靭帯が緩む、筋肉は伸ばされる💦💦

その結果、産後の骨盤は不安定な状態になっているという事です(-_-;)

 

 

骨盤が不安定な状態で、産後に家事などの日常生活を行う。

床から立ち上がる動作、床にしゃがみ込む動作、子供抱く動作など💦💦

その動作を誤った動作方法で繰り返し行う事で骨盤の歪みを助長してしまうのです💦💦

 

産後に生じる腰痛の中では、骨盤不安定症に起因した【仙腸関節痛】が多くみられます。骨盤が緩む事で仙腸関節部分にストレスが加わり、疼痛が生じたり、骨盤の歪みが生じるのです。



また、骨盤が歪むと骨盤の上に立っている脊柱(背骨)も歪む。

その結果、腰の痛みや肩こりなどの症状も出現しやすくなるという事です💦💦

 

 

その骨盤の歪みを整える事が出来るのが、、、

当院自慢の【産後骨盤矯正】です‼‼

今までに産後の痛みや体の不調で苦しむ多くのママさん達から喜ばれてきました☺☺



 

 

今現在、産後からの体の痛みや不調で悩まされているというママさん‼‼

是非一度【くるめ接骨院】へご相談して下さい‼

全力でサポート、治療をさせて頂きます☺☺

 

 

 

最後までブログを見て頂き、ありがとうございます☺☺

スポーツ外傷はお任せ!!

西鉄久留米院 木下でした。

次回もお楽しみに☺☺

 

 

 

ページトップへ戻る