産後の骨盤による体の不調👶 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

スタッフブログ

産後の骨盤による体の不調👶

                                皆さん、こんにちは😊😊

                          くるめ接骨院・整体院・鍼灸院

                              西鉄久留米院の松永です🧡

 

本日は産後の骨盤の状態についてお話し致します‼️‼️

前のブログでもお話しましたが、今回はもっと詳しくお話しようと思います⭐️⭐️

 

多くの女性の方が『出産後の骨盤の開きが気になる』と感じているわけですが・・・

まずは、骨盤が開く原因から説明致します😌😌

妊娠すると、リラキシンという女性ホルモンが分泌されるようになります。

リラキシンには骨盤周りの関節や靭帯を緩める働きがあります。

出産の際、赤ちゃんがスムーズに産道を通ってでてきやすいようにする為です😍

 

出産後はリラキシンの分泌が低下するので開いた骨盤は徐々に元の状態に

戻っていきますが(※6ヶ月〜1年ほどかかります)

骨盤周りの筋力が低下している状態ですと骨盤を固定する筋力がなく

骨盤が歪んでしまいます。

 

そして・・・

骨盤が開いたままの状態だと、体の不調にもつながります😅😅

内臓下垂・下半身太り

骨盤の下部分が開く事で、骨盤内に収まっている子宮や腸といった内臓の位置が

下に下がってしまいます😰😰

内臓の重みにより、更に骨盤が開く事もあるので注意💦


さらに・・お腹に赤ちゃんがいる時は体が反り腰の姿勢となり腹筋(インナーマッスル)が 伸ばされ筋力が落ちる為、産後ポッコリお腹になってしまいます。


内臓機能の低下

骨盤が開く事で、下がった子宮が膀胱を圧迫すると尿漏れなどを

引き起こす原因となります。

その他、正しい場所にない為血行不良を引き起こし腰痛や冷え性・むくみ

などが現れることもあります💧

子宮や卵巣の機能の低下は不妊にもつながるので注意してください。

 

産後の骨盤はきちんとケアをすれば正常な骨盤の状態に戻す事は可能です。

産後6ヶ月を過ぎるとホルモン分泌が減り骨盤が元の状態に戻ろうとするので

産後半年間の過ごし方がカギとなってきます😇✨



産後半年間の間で、インナーマッスルを鍛え骨盤矯正を行えば

正常な状態に戻る可能性が高くなってきますので

産後、骨盤が気になるという方は早めにご相談ください😄💜

 

以上、本日のブログでした⭐️

ページトップへ戻る