四十肩・五十肩 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは

image

四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」と言われる、肩関節の周囲に起こる炎症のことです。

四十歳頃に発症するから四十肩、五十歳頃発症するから五十肩と一般的に呼ばれていますが、四十肩と五十肩の違いは特にありません。

出勤前の身支度で髪の毛をセットしようと肩を上げた時や、シャツやジャケットを着ようと肩を動かした時、洗濯物を干そうと肩を上げた時など、生活の中のふとした瞬間に肩周辺に痛みを感じ、肩を上げたり回したり出来なくなる症状が起こります。

呼び名の印象から、加齢によって誰にでも起こる「老化現象」の一種と捉え、とくに医者や整骨院にかかることもなく放置する方もいらっしゃる様ですが、早めに専門家の診断・施術を受ける事で痛みを早く取り除け、慢性化して長い期間痛みが続くことを避ける事が出来ます。

四十肩・五十肩が起きやすい人、起きやすい条件

四十代以上の年代で発生しやすい共通点はありますが、男女差や運動習慣の有無はあまり大きな差はありません。若いころにスポーツで肩を酷使して痛めた経験がある人は、発症しやすいという傾向がみられます。

普段の姿勢が猫背で重心が前のめりになっている人は、体の歪みが生じやすいため、四十肩・五十肩の発生リスクが高まります。

また、生活習慣が不規則で、寝不足や偏った食事、ストレスの多い環境なども、発生リスクを高めると言われています。

四十肩・五十肩の原因

運動不足や加齢によって肩関節の柔軟性が失われる事や、筋肉の量が減る事が原因と言われています。

筋肉の量が減っていたり、関節が硬くなっている状態で、肩の関節を急に動かしたり、体が冷えた状態で急に動かすことで筋肉の一部に小さな傷がついて炎症が発生。

その場ではさほど痛みは無くてもそのまま日常生活を過ごす中で炎症が進み、症状が悪化する場合が多いようです。準備運動も含め「運動不足」の状態から「急に肩を動かしたとき」に発生することが多いと言われています。

四十肩・五十肩の改善方法

激しい痛みが発生している状態で無理やり動かすのはさらに炎症を悪化させる危険があるためお勧めしませんが、捻挫やぎっくり腰の様に、痛みがなくなるまで安静にするべきかと言うと、実はそうでもありません。

ある程度痛みが治まったら、ゆっくり少しずつ肩を上げる運動を行い、肩の可動域を確認していきます。痛みを我慢して無理に動かす必要はありませんが、毎日少しずつ運動を続けることで徐々に動かせるようになり、肩が上がらないまま固まってしまう事を防げます。

季節にもよりますが、寝ている間に肩が冷えて痛みが増す人もいます。その場合は寝る前にお風呂につかってよく温めることで痛みを抑える事が出来ます。

激しい痛みが出る前に、毎日ストレッチ等で肩を動かすことを習慣化しておけば、わずかに炎症が起きて動かしづらくなっているなどのごく軽い症状に気が付き、重症化を避ける事が出来る場合もあります。

くるめ接骨院での四十肩・五十肩治療

image

まずはしっかりと問診を行います。どんな時に痛みが出るのか、詳しく伺います。

問診内容に沿って詳しく検査します。肩関節を構成する7つの関節のうち、炎症を起こしているのはどの部分で、どのくらい症状が進んでいるのか、詳しく検査を行います。

症状に応じて最適な施術計画を作成いたします。また、症状に応じた、自宅でも出来るストレッチや筋トレの方法もお伝えします。

ページトップへ戻る