打撲 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

打撲

打撲とは

image

打撲は、「打ち身」とも呼ばれる、体をどこかにぶつけた場合に起きるケガです。
患部付近に内出血(青あざ、アオタン)が出来ます。
打ち身を起こしやすい体の場所は、すね(むこうずね、弁慶の泣き所)、太もも、肩などです。
比較的しっかり厚い筋肉に覆われている部分なので、骨には影響がないことが多いです。

打撲の応急処置とは

ケガの応急処置としては一般的に、安静、冷却、圧迫、挙上、が重要と言われます。
患部を冷やしつつ包帯などで圧迫固定し動かない様にして、心臓よりも上に患部が来るような姿勢を取る事が大事です。
すぐに冷やすことが特に重要です。
応急処置は早く受けるほど治りも早く、跡も残りにくくなるので、我慢せずになるべく早めの来院をお薦めします。
ただの打ち身だと思っていたら、実は骨にも影響があったという事もあり得ますので、専門家の診断を受けましょう。

ページトップへ戻る