ぎっくり腰 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは

image

腰痛の中でも急性の症状で、突然激しい痛みが生じます。
急性腰痛症とも呼ばれ、関節捻挫や筋肉の損傷、筋膜の炎症など、細かく見ると痛みの原因は複数存在します。
重い物を持った時などにも起きますが、「今から重い物を持ち上げるぞ」と意識していれば、ぎっくり腰にならない場合が多いです。何気なく持ち上げた荷物が思ったより重かった、とくに重くないものを運んでいる最中に不意に声を掛けられて振り返った、大きなクシャミが出た拍子にグキッと、ちょっと変な座り方をしている状態で椅子から立ち上がろうとしたら突然、など、生活の中のふとした瞬間に意外なほどの負荷がかかって症状が発生する場合が多いようです。

ぎっくり腰の原因とメカニズム

骨に原因がある場合は、腰部椎間板の断裂や損傷、腰椎の圧迫骨折が起きている場合もあります。
関節に原因がある場合は、椎間関節や仙腸関節に捻挫が起きており、靭帯や腱に損傷が起きています。
筋肉に原因がある場合は、腰部の筋肉や筋膜を損傷しています。言い換えれば、腰部筋肉の肉離れです。

症状は急性で突然現れますが、普段の日常生活の中で蓄積した疲労や負担が、ある瞬間に現れる場合もあります。
運動不足や寝不足、偏った食事やストレスなどで疲労がたまっていると、ぎっくり腰を起こしやすいと言う意見もあります。
寒い時期には筋肉が緊張していて、暖かい時期には何ともない動作でも腰に負担がかかる場合があります。

ぎっくり腰の対処法

安静と固定
ぎっくり腰が起きたばかりの時期は痛みがひどく、そもそも身動きが取れない場合が多いですが、腰痛の対処の基本は安静と固定です。
痛みがあるうちから少しずつ動かしてほぐす、可動域を広げると言った対処方法は腰痛には向きません。
安静が基本になりますが、家事や仕事でいつまでも安静にしているわけにも行かない事がほとんどだと思います。
冷湿布で患部を冷やしつつ、コルセットや腹帯などを使って腰回りをしっかり固定することで、悪化を防ぎます。

くるめ接骨院のぎっくり腰治療

image

まずはしっかりと問診を行います。
急性症状の中にも様々な要因が考えられるので、
一人一人の症状を詳しく伺います。
問診内容に沿って詳しく検査します。
腰周りの筋肉の状況、さらに深い部分の筋肉(インナーマッスル)の状態も検査し一人一人に最適な施術法を探ります。
表面の筋肉に働きかける手技と、インナーマッスルへの電気刺激を併用し、痛くない施術を行います。
湿布と、包帯やコルセットでの固定を行います。

ある程度痛みが治まってからは症状に応じた、自宅でも出来るストレッチやトレーニング指導も行います。

ページトップへ戻る