冷え症 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

冷え症

冷え症とは

冷え症

身体のほとんどは温まっているのに、手足の指先、腰や腹部など、一部だけが常に冷たく感じる状態の事を言います。

冷え症の症状が出ると、室温を温めても温まることなく、冷えているように感じます。

冷え症を放置すると、腰痛、肩こりだけでなく、身体のだるさや不快感、貧血、卵機能障害など、様々な症状を引き起こします。

冷え症の原因

血行不良が原因とされ、血行を促進すれば解消すると言われることも多い冷え症ですが、なぜ血行不良が起きるのか、本質的には「自律神経のバランスが乱れ」るためだと言われています。

ホルモンバランスが乱れると冷え症を発症する女性が多くいらっしゃいます。
また、過度なダイエットにより栄養不足によってホルモンや自律神経のバランスが乱れ、冷え症になる方もいます。

冷え症の対処法

自律神経やホルモンのバランスを整えるためには、生活習慣の見直しが必要になる場合が多いようです。

睡眠不足を避け、規則正しい生活を送る、食事をしっかりと摂り、適度に運動するなど、普段の生活を整える事が、体調を安定させ、ホルモンバランスや自律神経のバランスを整えることにつながります。

暖かいお風呂にゆっくり使ってリラックスするなども有効ですが、温めれば治るという事では無いので、熱すぎる湯に我慢して長時間浸かるなどは、むしろ避けるべきです。

ページトップへ戻る