肋間神経痛 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

肋間神経痛

肋間神経痛とは

image

体中の関節や骨の周囲で起きる神経痛の中でも、肋骨に沿って走る肋間神経にいろいろな原因で起こる痛みを「肋間神経痛」と呼びます。

   

胸の周辺に激しい痛みが生じるので、命に関わる重い病気ではないかと心配して病院を受診する方も多いようです。
痛みが生じる原因も複数あり、痛みの感じ方も、針で刺されるようなチクチクした痛みを感じる方や、ズーンと重い痛みを感じる方など、人によって異なります。

肋間神経痛の原因

加齢や普段の生活習慣で猫背などの悪い姿勢や運動不足によって肋間神経が圧迫されて起こる場合があります。
帯状疱疹や、変形性脊椎症なの脊椎の疾患が原因となって肋間神経痛が起こる場合もあります。
ストレスなど心理的・精神的な要因が原因となる場合もあります。
レントゲンや血液検査などはっきり見える形で原因が特定できない場合が多く、ストレスが原因と診断される場合が多いようです。
原因がはっきりせず、痛みは相変わらず感じている状態自体が新たなストレスとなり、悪循環的に長く痛みが続くということも起こってしまいます。

肋間神経痛の予防法

精神的な緊張は肉体の緊張、力みとして現れます。
肩や背中の筋肉に力が入った状態が続くと、筋肉に負担がかかり、肋間神経痛の症状が起こりやすくなります。
仕事の合間にストレッチ、伸びなどで身体をほぐすことが肋間神経痛の予防につながります。
身体が冷えると筋肉が縮んだ状態になり、知らず知らずのうちに負荷がかかります。
夏場よりも冬場の方が神経痛に悩まされる方が増えるのはこのためです。
夏場でも空調で身体が冷える事で肋間神経痛が起こる場合もあります。
服装やひざ掛け、ブランケットやカイロなどをうまく利用し、身体を冷やさない様に注意することが肋間神経痛の予防になります。

くるめ接骨院の肋間神経痛治療

まずは症状を詳しくお伺いします。
湿布など消炎鎮痛作用のある痛み止めの対応と、外傷がある場合はコルセットなどで固定を行います。
低周波、電気などでの施術を行います。

ページトップへ戻る