寝違え | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

寝違え

寝違えとは

image

寝て起きたら首が痛い、右(または左)を向くと痛いのでそちらを向くことができない…。

睡眠時の姿勢が原因で主に首の痛みとして現れる「寝違え」ですが、医学用語ではありません。

頸部周辺の靭帯や筋肉の急性炎症による痛みなので、「急性疼痛性頸部拘縮」「急性頸部痛」と呼ばれることもあります。

寝違えの原因

寝違えは不自然な姿勢で眠り続けた事で起こります。

通常は首に痛みや違和感を感じたときは眠っていても無意識に首の姿勢を変えたり、目が覚めたりしますが、重度の疲労や睡眠不足、または泥酔状態などで深く眠ってしまうと、自然に寝返りを打つなどが出来ずに、不自然な姿勢のまま眠り続けてしまう場合があります。

不自然な姿勢で首や肩の一部に過剰な負荷が長時間かかってしまうことで、靭帯や筋肉に炎症が起きている状態が、寝違えです。

寝違えの対処法

男女、年齢、季節を問わず、毎朝誰かの身に起きている寝違えですので、インターネット上には「寝違えが劇的に治る」という触れ込みで、色々な対処方法が紹介されています。首や肩の靭帯や筋肉に炎症が起きていると言っても人によって症状は様々ですから、すべての寝違えが劇的に治る方法と言うのは、あり得ないように思います。炎症が起きている間は痛みも残りますから「あっという間に痛くなくなる」という事は基本的には無いと考えるべきです。

・勢いを付けずにゆっくりと動かす
・無理のない範囲で徐々に動かす
・これ以上動かないところでしばらくキープする
・触って痛いところを押してほぐす

安静にしようとしすぎて動かさないと、かえって痛みが長引き、慢性化してしまう事もあります。かといって、痛みを我慢して勢いよく動かすと、炎症が悪化してしまいます。無理のない範囲で少しずつ動かす、痛みを感じる箇所をほぐす、と言った地道な対処を続ける事で長引かずに治す事が出来ます。

ページトップへ戻る