しびれ | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

しびれ

手足のしびれとは

image

例えば、正座を続けている状態から立ち上がると足がしびれます。
正座の姿勢で一時的に滞ったひざ下の血行が、足を延ばす事で急激に流れた時に「しびれ」を感じますが、ご承知の通りしばらく経てばしびれている感覚は無くなります。
正座で足がしびれるのと同じような感覚が、「正座をしていた」と言った明確な理由も思い当たらないのに突然発生する場合があります。

また、毎日の生活の中でごくわずかなしびれの感覚が、日を追うごとに少しずつ強くなったり、感じる時間が長くなったりといった事も起こります。
肘や手首の骨や関節、神経の影響で手がしびれる事もあれば、手のしびれの原因が頸椎や腰椎、つまり首や腰の骨にある場合もあります。
悪化すると慢性化し、しびれから麻痺へと進行し、手足が動かせなくなることもあります。
歳のせいと諦めて放置したり、仕事や家事が忙しいからと後回しにしたりせずに、なるべく早めに病院や整骨院で専門家の診断を受けましょう。

しびれの原因

頸椎や腰椎の変形やズレによって神経が圧迫される「脊柱管狭窄症」の症状として手足に現れるしびれ、手首の骨や関節の酷使によって起きる「手根管症候群」で起きるしびれ、肘の関節で起きる「肘部管症候群」の症状として起きるしびれなど、「神経が圧迫される」ことに原因があるしびれと、神経ではなく血液循環に異常があるために起きるしびれとがあります。
また、脳卒中や糖尿病の症状として手足がしびれる場合もありますので、病院での診断・治療も大切です。
病院ではっきりとした診断が出なかった場合は、体の歪みを整え、原因を取り除くことでほとんどの場合、症状が改善されます。

しびれの対処法

何が原因で起きているしびれなのかを見極める事が非常に重要です。
原因に応じて、適度な運動やストレッチで関節を伸ばす、可動域を広げる事でしびれを軽減させる「運動療法」や、患部を温めて血流を促進し、筋肉の緊張をほぐす「温熱療法」、脊椎を牽引することで椎間板にかかる負担を和らげる「牽引療法」など、様々な治療法があります。
しびれが起きている原因によって対処法は異なります。
どこがしびれているのか、どのような姿勢・動作でしびれが起きるのかなど、ご自身の症状をなるべく細かく正確に医師や施術者に伝える事も大切です。

くるめ接骨院のしびれ治療

まずは症状を詳しくお伺いします。
いつからしびれがあるのか、しびれの強さや起きる部位、いつ起きるのか、どんな姿勢・動作で起きるのか、しびれ以外に起きる症状は無いかなど、原因の特定に必要な質問なので、面倒くさがらずになるべく正確にご返答くださいます様お願いします。
ヒアリング内容で候補に上がる原因要素を詳しく検査します。
病院での診断がまだの方には、症状によっては病院での検査をお薦めする場合もございます。
原因に応じて、運動療法や温熱療法、牽引療法などを必要な場合は組み合わせて行います。

ページトップへ戻る