ゴルフ肘 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

ゴルフ肘

ゴルフ肘とは

image

ゴルフ愛好家に多い症状なので「ゴルフ肘」と呼ばれますが、ゴルフだけが原因ではありません。
ゴルフ肘は上腕骨内側上顆炎と呼ばれる傷病、つまりケガの一種です。
物を持つ動作など手を使ったときに肘の内側に痛みが生じます。
安静にしている時には痛みはなく、動かすと痛みが出る場合が多いです。
上腕部は内側にたくさん筋肉があり、外側の筋肉は内側よりも弱いので、肘の外側を痛める人の方が多い(テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は肘の外側のケガ)ですが、動作によっては内側も傷める事があります。

ゴルフ肘の原因

痛みの原因は、肘の内側の筋肉や腱に起きる炎症です。
肘の内側には、尺側手根屈筋、長掌筋、浅指屈筋、橈側手根屈筋、円回内筋とたくさんの筋肉があり、それらすべてが肘の内側と手首をつないでいます。
肘の関節部分でそれらの筋肉をつなげる腱に炎症が起きるのが、肘の内側の痛み、ゴルフ肘の原因です。

ゴルフ肘の対処法

炎症が起きている間はベルトなどで上腕部を固定し、なるべく肘を動かさないようにします。
ある程度炎症が治まってきたら、ストレッチで関節を伸ばし、トレーニングで肘周りの筋肉を鍛える事で、再発を防ぐことができます。


ページトップへ戻る