坐骨神経痛 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

image

体中の様々な関節や骨の周囲で起きる神経痛の中でも、腰から足にかけて長く伸びる「坐骨神経」が、いろいろな原因で圧迫・刺激されることで起こる、痛みやしびれなどの事を「坐骨神経痛」と呼びます。
腰痛に続いて症状が出る場合が多く、臀部(お尻)や大腿部(太もも)の後ろ側、すねや足先などに痛みやしびれが出ます。
悪化すると麻痺や激しい痛みによって歩行が困難になる場合もあります。

坐骨神経痛の原因

年齢の若い方は、腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合が多く、高齢の方は、腰部脊柱管狭窄が原因の場合が多いようです。
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄はともに腰椎(背骨の腰部分)に起こる変形や異常で、坐骨神経が圧迫されることで下半身に痛みやしびれを起こす原因となります。

坐骨神経痛の対処法

外科手術が必要なほどの重度の腰椎の異常・変形ではなく、病院では痛み止めを処方されるだけで根本的な治療には至らないが、痛みやしびれは感じているという方が大勢いらっしゃいます。
また、整形外科で治療を受け、レントゲンで診断できるような異常は見られないのに、自覚症状としては痛みやしびれが続いているという方もいらっしゃいます。
身体の奥深く、背骨の周りの筋肉(インナーマッスル)に電気刺激などを与えて血流を促進する、レントゲンに写るほどではない微妙な骨のズレを矯正するなどの施術で、しびれや痛みが改善される場合が多くあります。
また、加齢によって減少したインナーマッスルをトレーニングによって強化することで、痛みやしびれが軽減される場合があります。
冬場の気温低下で症状が悪化する方が多いので、患部をなるべく冷やさないようにカイロなどで温める事で痛みやしびれを緩和できます

くるめ接骨院の坐骨神経痛治療

まずは症状を詳しくお伺いします。
ご本人は単なる腰痛だと思っていても、症状をよく聞いていくと坐骨神経痛の症状が出始めている事もあります。
症状に応じて、手技や電気を使ったインナーマッスルへの施術を組み合わせて行います。
日常のトレーニング方法やストレッチの指導も行います。

ページトップへ戻る