腱鞘炎 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

腱鞘炎

腱鞘炎とは

image

アキレス腱などに代表される「腱」は、筋肉と骨とをつなげる組織です。
筋肉の収縮が腱に伝わり、腱につながった骨が動くことで関節の曲げ伸ばしが行われます。
腱は「腱鞘」、つまり腱の鞘(さや)と呼ばれるトンネル状の組織の中を通っています。
同じ関節を何度も曲げ伸ばしすることで、腱と腱鞘の間に起こる炎症のことを腱鞘炎と呼びます。

   

多くの場合、腱そのものにも炎症を起こしている(腱炎)を併発しています。

腱鞘炎の原因

パソコンのキーボードやスマホの操作で毎日指を使う事で手や指、手首に起きる腱鞘炎、工場などで継続的に手や腕の曲げ伸ばしを行う仕事で手首や肘に起きる腱鞘炎など、特定の関節を継続的に動かすことで起こる場合と、ケガなどが原因で起こる腱鞘炎があります。
痛みを感じない潜伏期間が長く、痛みが出たときには症状が進行している場合が多いです。
痛みが出る前の症状として、動かすと違和感がある、だるい、痛みはないが腫れている、などがあります。
痛みが出る前や、痛みを感じてもさほどひどくない初期の内に治療を開始できれば、症状の悪化や再発を防げます。
我慢して悪化してしまうと再発しやすくなり、手術が必要なほど悪化することもあるので、なるべく早めに検査・治療を受ける事が大切です

腱鞘炎の対処法

患部になるべく負担をかけないことが重要です。
原因となる動作を行わないで過ごす事も重要なのですが、お仕事を長期間休むことは難しいので、テーピングやコルセットなどを使用して負担を軽減することで改善が見込めます。
湿布などで患部を冷やす事で炎症を抑えることもできます

ページトップへ戻る