腰痛 | くるめ接骨院|首・肩の痛み、腰痛、交通事故なら久留米市で一番

くるめ接骨院・くるめ鍼灸院

JR久留米院

08005004976

久留米市城南町3-3

アクセス

西鉄久留米院

08003004976

久留米市東町40-13

アクセス

久留米諏訪野院

08007774976

久留米市諏訪野町2788-1

アクセス
交通事故専門総合ダイヤル メール予約はこちら LINE@

腰痛

腰痛とは

腰痛

文字通り腰の痛みの事です。腰に痛みを感じるとき、痛みの発生源は大きく分けて「骨」と「筋肉」に分かれます。

骨から痛みが発生している場合の多くは、「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」、「圧迫骨折」など、骨や骨の間の組織に変形などの異常があり、整形外科で検査を受けるとレントゲンで診断が出ます。

筋肉から痛みが発生している場合は、筋肉に炎症が起きている場合がほとんどですが、骨の変形等は無いので、整形外科でのレントゲン検査では「異常なし」と診断され、湿布を貰って終わりとなってしまいます。

腰痛の原因

■筋肉の疲労により発生する痛み
日常的に重い物を持ち上げる、運ぶなどの機会が多いと、腰の筋肉を使うため疲労が起こります。腰を使いすぎると筋繊維が損傷し、その量が多くなると「痛み」となって出てきます。

■筋肉の緊張により発生する痛み
重い物を持つ機会がほとんどなくても、腰の痛みは発生します。椅子に座ったままの姿勢で長時間のデスクワークを行っている時、精神的ストレスが多く緊張状態が仕事中長く続く業務に就いている人は、精神面だけでなく筋肉も緊張状態になっていて、筋肉が凝り固まり、血流やリンパの流れが悪くなり、腰に張りや痛みを感じるようになります。

■急性の腰痛
日常生活で少しずつ溜まった疲労やストレスから発症する腰痛とは別に、突発的に急激な負荷がかかって腰痛が起こる場合があります。一般的に「ぎっくり腰」と言われるのがこの症状です。重い物を持った時などにも起きますが、「今から重い物を持ち上げるぞ」と意識していれば、ぎっくり腰にならない場合が多いです。それほど重くないものを運んでいる最中に不意に声を掛けられて振り返った、特に重い物を持っているわけでもないが大きなクシャミが出た拍子に、ちょっと変な座り方をしている状態で椅子から立ち上がろうとした、などふとした瞬間に意外なほどの負荷がかかって症状が発生する場合が多いようです。

腰痛の対処法

突然腰痛になってしまった人、慢性的な腰痛で悩んでいる人、どちらにも効果的な改善方法を紹介します。

■安静と固定
痛みがあるうちから少しずつ動かしてほぐす、可動域を広げると言った対処方法は腰痛には向きません。安静が基本になりますが、家事や仕事で安静にしているわけにも行かない事がほとんどだと思います。コルセットや腹帯などを使って腰回りをしっかり固定することで、悪化を防ぎます。

■冷湿布?温湿布?
一般的に、ぎっくり腰などの急性の場合は冷湿布で冷やしながらコルセット等で固定。
慢性の腰痛がひどくなってきた時には温湿布で温めながら固定。
基本的にはこの様な対処になりますが、冷やすべきか温めるべきか、間違えると症状を悪化させることになるので、判断に迷う時は整骨院にご相談ください。

■腰痛を予防する習慣とは?
デスクワーク等で一日中同じ姿勢で過ごしている方は、休憩時間に軽いストレッチを行うなど、筋肉を伸ばす、ほぐす意識を持って日常生活を過ごすことが重要です。
1時間に一度は席を立って屈伸運動をする、用事が無くても立ち上がって少し歩くなどで、腰痛が起こりにくくなります。

くるめ接骨院の腰痛治療

image

まずはしっかりと問診を行います。ただ単に腰を揉むだけではなく、一人一人の腰痛の症状を詳しく伺います。

問診内容に沿って詳しく検査します。腰周りの筋肉が硬くなっている場合が多いですが、さらに深い部分の筋肉(インナーマッスル)の状態も検査し一人一人に最適な施術法を探ります。

症状に応じて最適な施術計画を作成いたします。また、症状に応じた、自宅でも出来るストレッチや筋トレの方法もお伝えします。

表面の筋肉に働きかける手技と、インナーマッスルへの電気刺激を併用し、痛くない施術を行います。施術後には症状に応じた、自宅でも出来るストレッチやトレーニング指導も行います。

ページトップへ戻る